あっと。の雑記帳(仮)

と、ある事情により世間知らずのままオトナになってしまった僕が様々なものから良い影響を受け、ちゃんとした大人になるために始めたブログ的なもの。主に感動を受けたものについてのレビュー的な書き込みをする(予定)です。

『僕と肩凝りの戦い その1』 雑記。

スポンサーリンク

『肩凝り』とは??

「肩が張る」とも言う。主に僧帽筋に起こる症状。厚生労働省による国民生活基礎調査(2015年度)における有訴者率で男の2位、女の1位を占める症状である(男の1位、女の2位は共に腰痛)

 

Wikipediaより引用

 

肩凝りに悩んでいる人間がたくさんいることを知り安心しました。…というわけにはいきません。

 

僕は本当に肩凝りが酷く、そのせいもあるのか頻繫に寝違えるため、大人になってから、首、肩周りがすっきりした記憶がないくらいです。

今考えると、過去に2回ほど追突事故にあっているので…その辺のところも影響しているのかもしれません。

 

肩凝りに悩む人は多い。…はずですが周りの人に聞いてみると、皆そこまで悩んでいないようで僕に『画期的な肩こり解消の方法』を教えてくれる人はいませんでした。

 

そこで自分なりに本を読んだり、インターネットで調べたりしているのですが中々良くなりません。

 

メモ的な意味でこれまで試したことをまとめてみます。

 

接骨院に通ってみた

元々は違う場所を痛めてしまい接骨院に通っていたのですが、治療が終わった時に他に痛い場所はありませんか??

と聞かれ、その時例の通り寝違えていて首が痛かったため治療してもらったのですが、そこから何回も首を寝違えるので気付けば常連化してしまいました。

 

厳密に言うと『肩凝り』の治療は保険適応外なのですが、寝違えなどの外傷の場合は保険がきくようです。

 

施術としては、主に電気治療と軽いマッサージですが…効果てきめん!!とはいかず、これのみでスッキリ治すのは難しいようです。

 

枕を変えてみた

肩こりの原因ともされる枕。高さや硬さが合わないと逆に良くないと言われています。

そもそも僕は元々『うつ伏せ寝』派のため枕自体使っていなかったのですが色々と調べて枕を変えてみました。

f:id:at-33:20190325194306p:plain

 

使ってみた枕 その1 

男の夢枕 

 


 

レビューの評価も高く、肩こりや頭痛に効果あり…とのことで買ったのですが、肩凝りに関してはあまり効果はでませんでした。

でも硬さも高さも、自分的には問題なく利用でき、枕としては良い枕だと思います。

黒い枕も珍しいので、そこも評価が高いです。

使ってみた枕 その2

MyeFoam 新世代 低反発枕

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【MyeFoam】 低反発枕 体圧分散 減圧 立体3D
価格:4980円(税込、送料無料) (2019/3/30時点)

楽天で購入

 

色々と調べていく中で現代人は『ストレートネック』の人が多いことを知りました。

原因として考えられているのはスマートフォンの普及。

 

f:id:at-33:20190325194554j:plain

 

スマートフォンを使用するときのうつむく姿勢が首の角度すら変えてしまい、その結果血流障害や首の周りの負担になってしまうようです。

 

これは思いっっきり心当たりがあったので、ストレートネックを矯正するような枕を探し、そして行き着いたのがこのMyeFoam 新世代 低反発枕でした。

 

効果はというと…ぐっすり眠れるのですが、肩凝りには効果は感じられませんでした。

また基本的に仰向きで寝るように作られているので、たまに横向きで寝ると寝違えてしまいます。(元々、頻繫に寝違えるので枕のせいではないかもしれませんが。)

 

ビタミン剤を服用してみた

TVを観ていて流れてきたCMが目を引き、超有名な某サプリメントを使用してみました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】『アリナミンEXゴールド 90錠』【税制対象商品】
価格:4500円(税込、送料無料) (2019/3/30時点)

楽天で購入

 

2ヶ月ほど毎日服用したのですが特に効果はありませんでした。もっと長く服用しないといけないのかもしれませんが。

 

今回の戦いのまとめ

肩凝りが強敵すぎて何をしても効果がないように感じてしまいますが、多忙な時期に2週間ほど接骨院をさぼったら肩も首も大変なことになってしまいました。

 

…ということは、接骨院に通っていることには意味があるのかもしれません。

そのため毎週最低でも1回は行くようにしています。

 

今回はここまでで終わりにしますが、僕が『一流の肩凝りすと』になってからもう何年もたつので、他にも色々とためしております。

また次回、試したことを書いていきたいと思います。