あっと。の雑記帳(仮)

と、ある事情により世間知らずのままオトナになってしまった僕が様々なものから良い影響を受け、ちゃんとした大人になるために始めたブログ的なもの。主に感動を受けたものについてのレビュー的な書き込みをする(予定)です。

【いまある悩みがさっと消える】 「こうあるべき」をやめなさい

スポンサーリンク

『こうあるべき』

 

この本を目にしたとき、この言葉に凄く興味を持ちました。

 

僕は普段から外に出るとなぜかイライラすることが多いです。

というのも、前回読んだ本にもあるように僕はおそらくHSPであることも関係しているのだと思いますが…

 

外出すると鈍感な人やあまり他人のことを考えない人とどうしても出会ってしまいます。

そういうとき「普通はこうするでしょ…」とか「大人なんだからもうちょっとこうしてほしいな…」のように、自分の基準で考えてしまいそれがストレスになってしまいます。

人はそれぞれ考えかたが違う…

それは理解しているのですが、最低限のことはちゃんとやって欲しい…こう考えてしまうので一層疲れてしまうのです。

 

自分だけならいいのですが、一緒に居る人にも愚痴ってしまったり、その話を聞いてもらったり…と迷惑をかけているかもしれません。

そんな自分であるのを理解しているので、なるべく他人に興味を持たないように、関係ない人とは接触しないように、そして人を否定しないように生きていこうと考えていました。

そんな中、この本と出会いました。

 

読んだ本

 「こうあるべき」をやめなさい ~人生が変わる9つの思考法~

 著者:和田 秀樹

 

本の概要

 

精神科医として言えることは、人は性格を変えられなくても考え方を変えたら幸せになれるということだ。集大成となる一冊!

上手な「負け方」を知っている人がいちばん強い!「これしかない」と決めつけるから、苦しくなる。自分を不幸にする「思考パターン」を断ち切る、新しい9つの考え方!

 

まとめ(と独り言。)

この本を読み終えて、思ったのが「おわりにが面白い」ということでした。

本を全て読んだのですが、著者はおわりににこう書いていました。

かなり省略しますが…

 

ここまで読んでくれてありがとう。

でも本は最初から全部読まなくてもいいんだよ。

自分の興味のある部分だけ、気楽な気持ちで読んでね。

 

全部読み終えた後にこれを見てしまったので、ちょっと面白くなってしまいました。

確かにそれはそうですね。

実はこの本を読む前に、別の本を読んでいたのですが、自分には合わなくて途中で読むのを辞めてしまいました。

ですが、今考えれば興味のあるところだけ流し読む…という選択肢もあったのですね…

参考になりました。

 

さて今回の本の話ですが、

 

タイトルとずれた話が多くて、少し混乱する場面もあった。

 

これが素直な感想です。

著者は精神科医ということで知識の量も伝えたいことも多かったのでしょう…

全て読んだので、話があちこちに飛んでいて何を読んでるのか分からなくなる場面もありました。

 

そのためアドバイス通り、自分が気になったところだけ抜き取ってまとめようと思います。

 

まずはこの言葉

 

否定されても「それもそうだな」と思えるか?

 

自分はこれがすごく苦手なので、逆に心に残った言葉です。

やはり人間なので、自分や自分の考え方を否定されるとどうしても敵対心がわいたり、言い返したくなったり…と、なりがちです。

でもその場面で「それもそうだな」と思えたら、なにかプラスになる可能性が高いです。

 

僕は普段から、自分の考えがとても強いので…

「自分はこう思うよ。あってるかわからないし、分からないけど、自分はこうする。」

みたいな性格なので、他人に強制もしないのですが、納得いかないことは他人に無理に合わせたりもしません。

この性格は変わらないかもしれませんが、一度落ち着いて

「それもそうだな」

と思えるように頑張ってみたいです。

 

次に気になったのが完全主義思考についての項目にあったのですが

 

心身ともに休める人、休めない人

 

という言葉です。

僕は自分で言うのもあれですが、自他共に認める完璧主義なので、やらなきゃいけないことがあれば休みの日でも仕事をしたり、日中少しだらけているととんでもない罪悪感に襲われたりします。笑

 

ですが本の中ではこう書かれていました。

 

無意味な時間をもっと楽しむ。

あれこれ意味づけをせず、好きなことに没頭したり、無為にすごしたりしてよいはずです。

 

さらにこれは人間の特権である。とまで書かれていました。 

確かにそう考えてみると、自分は仕事をするために生まれたわけでもないし、仕事がすべてではないはずです。

いつからこんな性格、そして生活になってしまったのかは謎ですが、僕の自律神経が弱っているのもこういうことの積み重ねによるものなのでしょうね…

 

最初に求めていた「こうあるべき」をやめなさい…

これが全て解決したわけではないのですが、自分を見つめ直す機会にはなりました。

そして自分がかなり面倒くさい人間であることも再確認しました。笑

 

9つの思考パターン、全ては飲み込めませんでしたが自分ができる範囲で実践していきたいと思いました。

 

関連作品

「バカの人」相手に感情的にならない本

先生! 親がボケたみたいなんですけど…… 「老年精神医学」が教える認知症との付き合い方

年代別 医学的に正しい生き方 人生の未来予測図 (講談社現代新書)