あっと。の雑記帳(仮)

と、ある事情により世間知らずのままオトナになってしまった僕が様々なものから良い影響を受け、ちゃんとした大人になるために始めたブログ的なもの。主に感動を受けたものについてのレビュー的な書き込みをする(予定)です。

【それもっとラクにできます。】 人生がラクになる7つの方法

スポンサーリンク

『使ってもなくならないものが世の中に2つある。友情と知識。』

だから僕は本を読む。

 

あ、勿論僕のオリジナルの言葉ではありません。笑

大好きなDaiGoさんの言葉です。

 

読んだ本

 人生がラクになる7つの方法

 著者:DaiGo(メンタリスト)

 

本の概要

 

なりたい自分になって、恋も将来も思うままに!
人生の様々な悩みにズバリ答えるQ&A66問

好きな人を振り向かせたい?こんな仕事につきたいけど才能不足?勉強が出来ない?後輩にばかにされがち??進路、就職、恋愛、友人関係、親や先生、先輩との関係、自分の性格の悩みすべて、DaiGoがメンタリズムでズバリ解決!
時間の有効活用法、クラスの人気者になる方法、性格を変える方法、
文房具やアプリなど道具を使って成功する方法……などなど。
海外で大ブームの超常現象パフォーマンス、メンタリズムを唯一人日本で実践し、テレビや雑誌で大人気のメンタリストDaiGo氏による、若者のための人生に役立つ、成功するためのメンタリズム本。自らも小さい時にいじめられていて、成績も悪く、とてもさえない子どもだったのに、ある日自分を変えて成績優秀な人気者になった経験から、メンタリズムの考え方を取り入れて、人生を自分の望むものに近づける方法を伝授します。
モテたい!勉強が出来るようになりたい!将来何になりたいかわからない!友人関係がめんどくさい!などなど人生の様々な悩みを解決し、望みをかなえる為のメンタリズム!

 

まとめ(と独り言。)

本の前半部分がラクになるための7つの方法、後半部分が66のQ&Aという構成になっている本です。

全てのパートを説明するつもりはないので省きますが、1つのことを詳しく…というよりはいろんな項目をちょこちょこ…といったタイプの本なので、この本を手に取って一つも共感できない…という人はいないのではないでしょうか。

 

読み始め気になったところとしては、DaiGoさんが昔はメガネで太っていてテンパだったということです。

この書き出しは凄く効果的であると思います。

というのも、例えば著者が子供の頃から素晴らしい人物で欠点もないような人だったとします。

この場合、言葉は確かに響きますが、自分とは違うな…とか、初めからすごい人だったんだな…といった印象を与えてしまいます。

僕自身もこの書き出しを読んだことで、いじめられていた人がどうやって今のDaiGoさんになっていったのか…と本の続きが気になってしまいました。

 

ただその答えはわずか45Pの中で明らかになります。

(勿論この本に書いてあること以外にも色々と考え方の変化や行動があるとは思いますが。)

中でも自分が気になった点をピックアップしてまとめます。

 

まず一つ目がセルフ・プロデュース

 

  • こうだったらいいなを実側させる方法を考える
  • 今の自分のいやなところ、変えたいところを書き出す
  • 書き出したら自分をひっくり返す

 

非常にシンプルな方法です。

例えば デブ➡スリム

のように嫌なところを書き出すことでなりたい自分に近づけるということです。

ただ自分の嫌なところを書き出すのは少し勇気がいりますね。

 

次に気になったのは習慣の設計の項目にある

 

人間は習慣の奴隷である。

作家オグ・マンディーノの言葉です。

 

そもそも習慣は意志より強力、ということばに ハッ とさせられました。

DaiGoさんは決めたら守るタイプの人間だと思うので、普通の人間より意思が強そうですが…

意思よりも習慣のほうが強いというのは誰もが共感できる部分なのではないでしょうか。

結果をレコードする、習慣化には3週間かかるというのも合わせて覚えて実践したいと思っています。

 

そして知識獲得術の項目

 

ここに関しては現在僕も実践しているように、読んだ本やインターネットからの知識をドンドン人に話したり文章にすることでアウトプットしていくことが大切であると書かれています。

ただアウトプットにも色々あり

  1. シンプルアウトプット
  2. レスポンス・アウトプット
  3. パッケージ・アウトプット

のようにレベルアップさせていくことが大事なようです。

ここの項目もとても参考になりました。

 

正直なとこ後半部分のQ&Aに関して、自分が共感できるような質問がなかったため少し微妙な感じで読んでいましたがDaiGoさんならこう考えるのかと…

ちょっと違う方向で読んでいたので、そういう意味では楽しめました。

 

ただ私生活の悩みに対しての答えなので多くの人は参考になるのではないでしょうか。

 

ここでは紹介出来なかったのですが他にも

 

のような会話のテクニック。

 

  • 特殊技能
  • 雄弁さ
  • 空気をつくる力

 のどこかを鍛えてカリスマになるための方法…などなど様々な知識が『ギフト』として放り込まれている本です。

(ギフトの意味は贈り物という意味だけではないことを始めて知りました。)

 

 

 

 

余談ですが、この本は3年前くらいにも読んだのですが P120にある 

共通点は探すものではなくて、つくるものなんです

 ということばに感銘を受け、実践して成功させていただきました。笑

 

DaiGoさん、いつもありがとうございます。

 

関連作品

倒れない計画術 まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

自分を操る超集中力