あっと。の雑記帳(仮)

と、ある事情により世間知らずのままオトナになってしまった僕が様々なものから良い影響を受け、ちゃんとした大人になるために始めたブログ的なもの。主に感動を受けたものについてのレビュー的な書き込みをする(予定)です。

【ごきげんいかがですか?】 自分を「ごきげん」にする方法

スポンサーリンク

 

『みなさん、ごきげんいかがですか?』 

こう聞かれたらみなさんなんて答えますか?

 

「普通です」

「別にいつも通りです」

 

こんな感じの答えが思い浮かんだ方!!

自分の「ごきげん」に無関心な人と言われてしまいます。

勿論、僕もその一人です。

 

読んだ本

  自分を「ごきげん」にする方法

  著者:辻 秀一

 

本の概要

 

本書は、スポーツドクターの辻秀一さんが20年以上にわたって伝えてきた「ライフスキル」をわかりやすく解説した本です。
ライフスキル」というのは、1993年にWHO(世界保健機構)によって提唱された概念で、「個人が日常生活の欲求や難しい問題に対して効果的に対処できるように、適応的、前向きに行動するために必要な能力」と定義されています。
これは端的に言うと、「よりよく生きるための技術」ということです。
ストレス社会といわれる現代では、よりよく生きるために、料理や車の運転と同じように、個人がライフスキルを身につけることが必要というのです。
心の専門家として著者も「心のあり方が行動に影響する」と説きます。
「人は、よい心の状態にあるとき、人間としての機能が上がる。
だからこそ、トップアスリートは、パフォーマンスを上げるために、心のあり方を大事にしているのです」と。
本書では、その「よい心の状態」をイメージしやすいように「ごきげん」と呼び、ごきげんを大事にする生き方を「ごきげん道」と呼びました。
心を大事にするのと同時に、結果も出せるようになる。
その方法をご紹介しています。

著者がスポーツドクターというのが最初「なんで?」と感じたのですが、読んでみたら納得でした。

 

(色々な意味で)心に響いた台詞や文章

ごきげんな状態は、「判断」「選択」「行動」「健康」など、あらゆる人間としての機能を高めてくれる心の状態です。

ごきげんな心がごきげんな人生をつくるのです。

そしてライフスキルを磨き、いつでもごきげんでいる生き方を「ごきげん道」と名づけました。

ごきげん道、初めて聞いた言葉です。

「ごきげんな状態」は本当にここまで効果が出るのでしょうか?

でも少し考えてみたら、例えば仕事中に

  • 上司に怒られたりして少し気分が悪くなり仕事のやる気が出ない
  • 仕事後に楽しみな予定が入っているからいつもより頑張れる

のように、同じ仕事でも心のあり方で作業に影響が出てしまった経験が皆さんあると思

います。

勿論、僕もそのような経験はあるのですが、そのことについて深く考えたことはなかったです。

 

この世で起きるすべてのことに意味をつけたのは、あなたの脳なのです。

動物はいつも「認知の脳」を働かせて生きています。

例えば

熊がでた→危険だから逃げる

雨が降った→傘をさす

といったようなことです。

ただ人間はこれにとらわれすぎていると著者は言います。

 

僕は雨が降るとなんだか全てのやる気がなくなります。

それは「やる気が出なくなる水」が降っているからではなく、これまでの経験の中で

雨は濡れる

雨は傘さすのが面倒くさい

靴の中が濡れる

のように勝手に「雨が降る」ことにマイナスの意味をつけてしまっているからです。

意味づけはどうしたって一生続くのですが、これに気づくことが大事なことだと書かれています。

 

自分のきげんをとるのに便利な道具が、私たちには生まれつき与えられています。

「表情」「態度」「言葉」です。

偉大なアスリートを例に出し説明していてすごく分かりやすく、また納得させられました。

これはスポーツドクターならではの考え方だと思います。

僕は今もスポーツをよくするのですが、こどもの頃よく言われました。

「そんなにつまらなそうにするならやらなくていいよ。」

楽しんでやっているほうが不思議と結果も良くなります。

ネガティブな発言ばかりしていて、きげんが良くなることは絶対にないですね。

 

私たちは「現在」「過去」「未来」のいずれかを選んで生きています。

「未来」を選ぶとこれから起こりうることに不安になったり、心配したりします。

「過去」を選べばすでに起こった出来事を後悔したり、落ち込んだりします。

思考はつねに過去や未来に飛びますが、私たちが実際に生きられるのは目の前の「現在」だけ。

ライフスキルの中の一つです。

当たり前のことですがとても響きました。

というのも、僕は起きるかも分からない未来について不安になることがよくあるからです。

心配性の性格で得をすることもあるのですが、あるかわからない未来に怯え辞めてしまったり、やる気を失ったりすることが非常に多く、「ごきげん」とは程遠い状態になってしまっています。

 

まとめ(と独り言。)

本を読んでいく中で、ポジティブシンキングと似たようなことかな?

と思ったのですが、途中で思いっきり否定されました。笑

たしかになんでもかんでも都合のいいように考えるのは大変です。

その点「ごきげん道」のほうが楽だとは思いますが、一歩間違えると現実を理解している前提があるものの、現実逃避をしているように見られそうです。

 

余談ですが、僕の口癖は

「最悪」です。

中学生の時の担任の先生に

「○○君、あなたはいつも最悪、最悪っていうけど、【もっともわるいこと】が随分いっぱいあるのね。」と言われていたほどです。

 

本書の中で

最悪といい続けてる人は認知だけで生きていて、ライフスキルを使っていない人です。

最悪と思うのはいいが言葉にだしてもごきげんにはなれない。

と書いてありました。

ギクッとしました。笑

僕は「最悪」と口に出すことで自分だけでなく周りの人の「ごきげん」も奪っていたことをしり申し訳ない気持ちになりました。(ただ口癖なのでまた言ってしまうとおもいますが…

 

 

「自分は不きげんでもいい」と言う人はいますが、「不きげんな人といたい」と言う人は、世の中に一人もいません。

これ凄くないですか?

本のそでに書いてあったのですがまさにその通りです。

僕は結構細かい性格なので、外に出るとやはり「イライラ」したり「ふきげん」になったりします。一応大人なのでそんなに態度にはだしませんが…

本書にもありますが「人間はつねに外界の出来事に影響されて心を持ってかれる生き物」なので、ある程度は仕方ないのだと思います。

でも本当になんでも嚙みついてイライラしている人と一緒にいるのは疲れるし、色々と大変ですよね。

自分はそうならないように気を付けよう…

 

 

関連作品

スラムダンク勝利学 (勝利学シリーズ)

先生、ウジウジ・イライラから一瞬で立ち直る方法を教えてください!