あっと。の雑記帳(仮)

と、ある事情により世間知らずのままオトナになってしまった僕が様々なものから良い影響を受け、ちゃんとした大人になるために始めたブログ的なもの。主に感動を受けたものについてのレビュー的な書き込みをする(予定)です。

【新たに始まる世界で、君はどう生きるか】 10年後の仕事図鑑

スポンサーリンク

 

『AIに価値を奪われる人とAIで価値を生み出す人の2種類がいる。』

と、聞いて自分はどちら側の人間なのか想像してみてください。

 

これからの時代、様々な仕事やシステムが人間ではなく「AI」によって行われていきます。

これは「かもしれない…」ではなく近い未来、確実に起こることです。

 

読んだ本

 10年後の仕事図鑑

 著者:堀江貴文×落合陽一

 

 

本の概要

 

AIにポジションを取られる前に。動くのは、今だ
AI(人工知能)、仮想通貨、lLIFESHIFT、ホワイトカラーの終焉……。
10年後どころから5年先すら予期できない今、今の仕事、会社、社会、キャリアはどうなるのか。
今世界で最も注目される日本人研究者落合陽一氏と、圧倒的な行動力で時代の最先端を走り続ける堀江貴文氏が、お金、職業、仕事、会社、学校など、今考えられる新たな社会の姿を余すところなく語ります。

 2人の対談形式で製作された本であるため、パートも交互に行われています。

基本的な考え方としては、10年後(正確には10年後かは分からないが近い未来)AIの普及で仕事が無くなる…  といった悲観的な考え方に対して、様々な可能性を示したり逆に良い点なども提案しています。

 

(色々な意味で)心に響いた台詞や文章

高度経済以後過去40年間の古いシステムの要請によって生まれた仕事。

新しい社会において不必要なため、存在しないほうが効率的とさえいえるものもある。

現在当たり前のように行われている「仕事」にたいしての言葉です。

確かにいつからか、仕事はお金をもらうための作業になってしまった印象があります。

僕の周りにも仕事が辛い、忙しい、辞めたい と思っている人がやはり多いのですが生活のために仕方なくやっているのでしょう。

しかし、今一度冷静に考えてみると不要な「仕事」というのはかなり多いと感じました。

例を出すと色々と問題になるのでアレですが…

 

これ、自分がやる必要ある?という仕事はいずれ無くなる仕事でしょう。

 

AIに仕事が奪われる。

そうなってもなんら問題はない。自由な時間が増える。

生活コストはどんどん下がっていくので、無理に働いてお金を得る必要もなくなる。

これからの時代において誰にとっても仕事は「引き受ける」ものから「作るもの」へと変わっていくのだ。

AIに仕事が奪われる。

と聞いてやはり悲観的な考え方を持つ人が多いと思います。

少し考えるだけで色々と思い浮かびますね…

僕は税理士の知り合いがいるのですが、やはりAIが普及したら仕事が無くなると嘆いていました。(半分冗談かもしれませんが)

会計ソフトや申告系のソフトは高性能なものが多く、個人でも簡単に使いこなせるものが多いです。

 

ただそういった便利なAI が普及すると、仕事が無くなるのと同時に自由な時間というものが与えられます。

また人件費などが大幅に削減されると商品の値段等も下がっていくことが予想されます。

 

大雑把にまとめると、ベーシックインカムを取り入れ、働きたくない人は働かないで国からの補助で最低限の生活を送る。

働く能力の高い人だけが、高給取りとして仕事をする。

といった、未来を提案しています。(堀江氏)

 

千と千尋の神隠し千尋が湯婆婆に名前を奪われたシーンを想像して欲しい。

あのシーンこそが「雇用」という概念の縮図だ。

なんでしょう…すごくしっくりきました。

いかに素晴らしい仕事をしたり、新しい発見をしたりしても個人ではなく会社の功績となってしまうこと。それが雇用である。(落合氏)

確かにそうですね。企業の規模が大きくなればなるほど、個人としての功績はかすんでいく代わりに給料という形で還元されているのでしょう。

 

「新しい仕事」

自分でルールを作ることで、ものごとに没頭でき、好きになることができる。

これから「好きなこと」を見つける際には、「収支」などの打算を捨てて考えることだ。

なぜなら「それが仕事になるか」「ペイするか」なんて、未来になってみないとわからないからだ。

あぁ…。

僕にはすごい刺さる言葉でした。

副業解禁などもあり、今現在副業などを始めようと考える人も増えていると思います。

ただ副業というのは言葉通りなにかの合間に、ついでにやることを指しています。

堀江さんは言います。

「副業はダサい」

「本当にやりたいことで人生を満たせ」

「実現可能性をまず考えて尻込みするような人間は、リスクをとらないこと自体が最大のリスクだということに気づいていない。」

どうでしょうか。

副業を探している人にとっては厳しいけれどすごく参考になる言葉ではないのでしょうか。

まとめ(と独り言。)

僕はいつも読書しながら印象に残ったところをメモしているのですが今回その量が凄まじい数になってしまいました。

つまり多くのことが収穫できた本ということです。

堀江さんの表現はつい誤解されがちですが(Twitterもよく炎上してますね。笑)伝わる人には伝わる…といった感じなので苦手な人もいると思いますが、本当に正論が多いと感じています。

 

好きでやってるのならまだしも、やらされてやっているような職業である場合、その時間の浪費は人生の損失である。

なんて友達との飲み会の場で言ったら殴られそうですが(僕は自営業なので)、考え方は人それぞれでいいと思います。

 

ただこの本に書いてあるような

『誰もが「遊び」でお金を稼げるようになる。』

というのは一昔前だったらそれこそ殴られてしまうような…

現実的なことでは無かったと思います。

しかし、近年では ブロガー ユーチューバー インスタグラマー

など、遊びややりたいことを追及した結果、それが仕事になったという事例は多くみられるようになりました。

 

勿論、誰でもなれるわけではないと思います。

ただ誰にでも可能性は平等にあるのだと感じました。

アントニオ猪木さんの馬鹿になれと通ずるものがありますね。

 

「仕事を奪う」といわれているAIは、「仕事の時間を生み出す」上で大きな役割を果たしす。

好きなことを散々やって、できることを増やし、自分を価値資本でいっぱいの「価値の缶詰」にしよう。

図鑑…ではないと思いますが、とても読みやすいの本でした。

本のサイズが読みづらかったです。

 

関連作品

多動力 (NewsPicks Book) 単行本

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく 単行本

 

日本再興戦略 (NewsPicks Book) 単行本

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト 単行本