あっと。の雑記帳(仮)

と、ある事情により世間知らずのままオトナになってしまった僕が様々なものから良い影響を受け、ちゃんとした大人になるために始めたブログ的なもの。主に感動を受けたものについてのレビュー的な書き込みをする(予定)です。

【寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。】  三日間の幸福

スポンサーリンク

ネタバレ注意

 

『なあ、きみがこれから送る人生を、そっくりそのままぼくに売ってくれないかい?』

 

と、人間にも見え、へばりついたガムのようにも見える謎の生き物に尋ねられたら、皆さんどうしますか?

 

子どもの頃、いや大人になってもたまに話題になる話ですね。

人間の一生の価値はいくらなんだろう?

人によって違う?

稼いでる額によって違う?

 

いくら考えても答えは出ない問題なのですが…

 

読んだ本

 三日間の幸福

 著者:三秋 縋

 

 

本の概要

裏表紙より

どうやら俺の人生には、今後何一つ良いことがないらしい。寿命の“査定価格”が一年につき一万円ぽっちだったのは、そのせいだ。
未来を悲観して寿命の大半を売り払った俺は、僅かな余生で幸せを掴もうと躍起になるが、何をやっても裏目に出る。

空回りし続ける俺を醒めた目で見つめる、「監視員」のミヤギ。彼女の為に生きることこそが一番の幸せなのだと気付く頃には、俺の寿命は二か月を切っていた。

  • とにかくミヤギが可愛い。
  • 寿命30年をわずか30万円で売り払ってしまった主人公【クスノキ】と余った三か月と三日の生活を監視する【ミヤギ】のお話。
  • 人間の価値とはなにか、またそれにどんな意味があるのか

 

感想

『自分だけは特別である』

正直なところ自分も思っていましたし、現在も思ってないと言ったら嘘になります。

かなり多くの人が共感できる部分ではないでしょうか。

本文にもありますが、僕もいつか誰かが変えてくれる、いつかいいことが起きる…

と思い生きていましたが気付けば何も起きないままオトナになっていました。

 

『俺は、残された三か月の間に、寿命を売って得たこの三十万で、何かを変えてみせる。』

『これから死に物狂いで努力して、世界に一矢報いてやる。』

 余命がわずか三か月になり、これまでの自分の人生だけでなくこれからの人生まで「査定」によって低く見積もられた主人公の言葉。

人は本当に追い込まれると今までになかったような力や、諦めない気持ちが出てくると良く言いますが…

これに対しミヤギはこう言います

 

『ようやくスタート地点に立ったというだけなんです。負け続きのギャンブルで、ようやく冷静さを取り戻したというだけなんです。それを一発逆転のチャンスだと勘違いすると、ろくなことになりませんよ。』

とても冷静です。

今までの「監視員」の経験上同じような言葉を何度も聞き、また何度も挫折する人を見てきたのでしょう。

ある意味では、余計な希望を持たせないための彼女の優しさから来る言葉だと感じました。

 

まとめ(と独り言。)

とにかくミヤギが可愛い。(2回目)

子どもの頃、優等生であったためにその思いを持ったままオトナになってしまった主人公クスノキ

人との付き合いを避け、友達とよべる人間もいないままオトナになってしまった彼にも一人だけ心を許せる…というか好きになった幼馴染の女の子がいました。

物語の中で、僕ははじめその幼馴染と再会し幸せな余生を過ごす…

という話の展開を予測していたのですが全然違いました。

(よく見ると本の裏表紙に答えは書いてあったんですけどね。)

 

「監視員」であるミヤギに加え、脇役にしては良い味を出しすぎる登場人物、様々なものに救われクスノキは最後の三か月を過ごすことになりますが、きっとこの三か月は彼にとって今までの20年間よりすごく【濃い】三か月であったと思います。

タイトルには三日間の幸福とありますが、この本の中ではその三日間のことは書かれていません。

しかしこの三日間は先程【濃い】と表現した三か月よりもさらに【濃い】三日間になることでしょう。

 

ミヤギに関しては過去のことや、クスノキに敢えて冷たくしていたり…と、たくさんの謎や伏線がありますが、それも物語が進むにつれ見事に回収されています。

余談ですが、余りにも続きが気になり接骨院の治療中にも読み進めておりました。

 

  • 友達とよべる人がいない方
  • 死ぬ前になにがしたいか悩んだことがある方
  • 自分はまだまだこんなものじゃないと思っている方

などにお薦めです。

あとがきも是非読んでください。

 

関連作品

スターティング・オーヴァー (メディアワークス文庫)

いたいのいたいの、とんでゆけ (メディアワークス文庫)

恋する寄生虫 (メディアワークス文庫)